パパ・ママに自由な時間を! 地域で支える子育て支援を一緒に考える仕事【地域おこし協力隊2名採用】

皆様、はじめまして!
大町町健康・子育て支援課の橋冨と申します。

大町町は九州北部に位置する佐賀県の中でも1番小さな町です。
小さな町だからこそ地域の人同士の距離感が近く、子育てがしやすい環境なのか、大町には多子世帯(子供が3人以上)が多いという特徴があります。実は私自身も5人の子どもを育てながら役場で働いています!
 
そんな大町ではこの度、地域で支える子育て支援を一緒に考えてくれる2名の地域おこし協力隊を募集することになりました。

活動内容をざっくり申しますと、子育てで大変なパパやママ、保護者の皆さんにホッとするような時間が持てるような“一時預かり”の仕組みを地域の人を巻き込んでつくる仕事です。
 
大町町では政策として子育て支援の充実を掲げており、協力隊の方にもぜひ、私たちと一緒に盛り上げていただきたいです。一時預かりのような仕組みは、多子世帯でなくても求められていると感じています。今回新しい考え方でどんな子育て支援ができるのか楽しみです。
 
ミッションの他にも、こういうことができるんじゃないか、など意見があるときは、気軽に相談していただけたらと思っています。それでは、詳しい仕事内容をご紹介してまいりましょう!

パパ・ママがホッとできる時間をつくる! 新しくて必要な子育て支援のかたち

今回のミッションは、地域で支える子育て支援の仕組みづくりを一緒に考えることです。その一つが、子どもの一時預かり。募集タイトルにもあるように、子育て中のお父さんやお母さんたちは、仕事と育児に追われ、自分の時間がなかなか持てません。髪を切りに美容室へ行くのも一苦労です。

よく「子どもはすぐに成長して大きくなるから、子育てできる期間は短い。楽しみなさい」と耳にしますが、我が家のように5人もの幸運を授かると、その期間は相当長くなります。もちろん一時預かりのような仕組みは、多子世帯でなくても求められていると感じています。現状、大町町には一時預かりの仕組みはありません。

この課題を解決できれば、もっと子育てが楽しくなったり、もっと子どもが欲しくなったりするのでは!?と考えています。子育てしたくなる町・多子世帯でも安心して暮らせる町を私たちは目指しています!
 
 
\活動の全容はこちら!/
①一時預かり(ファミリーサポート事業など※)の土台作り
②子育てサークルの準備・運営
③保護者等との交流・サポート
④子育て支援活動に関する情報収集・分析・発信
⑤子育て世帯と地域活動との調整
⑥担当課内での定期ミーティング
⑦災害時の避難所のサポート
(会計年度任用職員として、災害時の避難所当番があります。その際は時間外勤務手当を支給します。)

※厚生労働省の子育て援助活動支援事業(ファミリー・サポート・センター事業)。この制度を活用して一時預かりの施策を展開する自治体が多いなか、大町町ではまだ仕組みを構築できていない状況です。ファミサポの導入だけが手段ではないですが、一時預かりの仕組みを整える力を貸してください!
 
 
一見、たくさんの業務が並んでいますが、子育て支援をするためには、保護者や支援活動を行う方たちと信頼関係を築くことが欠かせません。主なミッションである①を達成するためには、②~⑤の活動がとても重要だと考えています。子育てサークルや保護者教室といった取り組みは、お互いに顔が見える関係をつくり、子どもを預けるときの安心感へつながっていくためです。行政だけではなく、地域の方と一緒につくる子育て支援の仕組み。それが、この仕事における最大の特徴です。まずは、大町町のことを知ったり、関係をつくったりすることから始めてください。

職員の私が言うのもなんですが、大町町の子育て支援策は手厚いと思っています。それは、町の自慢と言えるほど。例えば、出生祝い金制度。第3子が40万円、第4子が50万円と、佐賀県内でも比較的高い金額で応援しています。他にも、保育園の副食費(給食費)無償化を実現する、高校生まで医療費無料など、ソフト面を充実させてきました。今後は、ハード面においても計画を進めていく予定です。これからさらに進化を続ける大町町で、一緒に働きませんか?

既存の仕組みの中に入って一緒に活動をするような仕事はたくさんあると思いますが、一緒に考えながら子育て支援の仕組みづくりに取り込める仕事はなかなかないのではないかと思います。地域で支える子育て支援の仕組みを一緒に考えましょう!

大町町は保育園も町立です。保育園~高校までずっと一緒という人も多いのでみんな仲良しです!
左から統括担当の企画政策課の中島さん、担当課の子育て・健康づくり課の橋冨さん、山下さん。

キラリと輝く先輩協力隊、ここにあり。

大町町には、2019年から子育て支援に取り組んでいる地域おこし協力隊の平井奏さんがいます。平井さんは、子育てサークルを増やし、読み聞かせや工作教室、イベントなど、乳幼児から高校生まで幅広く関わる活動をされています。災害をミッションに活動するもう一人の隊員・公門寛稀さんと一緒につくった拠点施設「Peri.(ペリドット)」は、子どもたちが過ごせる場所の一つになりました。

今回の協力隊の募集は平井さんの活動を通して子育て支援により必要なことや、現状の掘り下げをした結果生まれました。外からの視点で大町を見てきてくれた平井さんだからこそわかることもたくさんあると思います。

平井さん、私たちの新しい仲間を募集するので、一言お願いします!
 
 
平井
「こんにちは!大町町の良さは、子どもから大人まで、道を歩いていると知り合いじゃなくても挨拶をしてくれることです。移住して感動しました。皆さん、すぐに受け入れてくれましたし、私の活動について「いつも一生懸命やってくれてありがとう」って言ってくれます」
 
 
平井さんは、地域の方から愛されている人気者で、お母さんたちの相談にも乗ってくれています。職員に言いづらいことも、平井さんなら言える、そんなケースもあるんだと思います。しがらみのない協力隊ならではのメリットではないでしょうか。

 
 
平井
「子どもに関わる仕事は、専門職のような型にはまるものが多い中、地域という幅広いジャンルで関われるのがこの仕事の良さだと思います。子どもと関わるためには、保護者からの信頼がないといけない。そこが行政という立場だと安心してもらいやすいですね」
 
 
保育士など子どもに関する資格を持ってくれていたら嬉しいですが、資格がなくても平井さんのように子どもと接する仕事をすることができるのもこの仕事の魅力です。平井さんは任期を延長してまだしばらく協力隊として大町に残ってくれることになっているので、これまで平井さんがつくりあげたものを引き継ぐことも、今回お願いしたい業務の一つです。
 
 
平井
「今回の募集は協力隊としての活動を通して、大町町が好きになれる企画だなと思いました。私がやってきたことや今の状況を話して、引き継いでもらえたらいいなと思います。来てくださった方に人を紹介したり、相談に乗ったりもできたらと思っています。私は、大町町で協力隊をして楽しかったです。次に来る人も、絶対に楽しいからぜひ来てください!

子育てサークルを手伝ってくださる地域の方と談笑中の平井さん。
平井さんと公門くんが立ち上げた防災・子育て支援の拠点Peri.

たくさんのご応募お待ちしております! 募集要件について

大町町に生まれ、育ち、嫁ぎ、子育てをしながら、役場の窓口業務をこなせば、いつしか町民の方から「あなたがいると安心するわ」と言われるようになりました。顔を合わせて安心できる、それは小さな町の大きな財産ではないでしょうか。地域には地域の子育てがあると思っています。ぜひ、大町町の子育て支援を一緒につくっていきましょう!

皆様のご応募・お問い合わせをお待ちしております!
 
 
<<募集要件>>

■募集人員
2名(性別は問いません)
 
■待遇・福利厚生
①心身ともに健康で誠実に勤務ができる方
②過疎・山村・離島・半島地域以外の3大都市圏をはじめとする都市地域(政令都市(地域要件に該当する地域)も含む)に生活の拠点がある方で、大町町に住民票を異動できる方
③大町町に1年以上の滞在を予定する方
④地域の活性化に意欲があり、地域が抱える課題の解決に積極的に取り組むことができる方
⑤子どもが好きで、子育て支援に関心がある方
⑥ソーシャルビジネスやコミュニティビジネスに関心がある方
⑦普通自動車運転免許を所持している方
⑧一般的なパソコンの操作ができる方
⑨地方公務員法第16条に規定する欠格条項に該当しない方
 
■勤務地
大町町役場内の子育て・健康課に在籍しますが、大町町内をフィールドとして様々な場所・様々な人と関わるために出張もあります。
 
■雇用形態・期間
・大町町地域おこし協力隊設置要綱に基づき町会計年度任用職員として職務を委嘱します。
・委嘱期間:令和5年4月1日(予定日)から令和6年3月31日まで
採用日は、採用決定日次第で調整可能ですのでご相談ください。
※2年目以降は年度単位の更新となり、最長で3年間となります。
 
■勤務条件等
(1)報酬等
月額233,300円 (賞与なし)
(2)勤務日・勤務時間
・週5日 8:30~17:00(休憩12:00~13:00)
・活動内容により時間変更可能
・会計年度任用職員として、災害時の避難所当番があります。その際は時間外勤務手当を支給します。
(3)有給休暇
10日
(4)待遇・福利厚生
①住居は大町町で用意します。 (家賃は町で支払います。)
②社会保険(雇用、健康、厚生年金)
③健康診断
④活動に必要な車両は貸与します。
 
■申込受付期間
令和4年10月24日(月)から令和4年12月8日(木)17:00必着
 
■選考方法
(1)第1次選考【書類選考】
受付期間内に必着のこと。書類選考の上、結果を12月12日(月)以降に全員に文書で通知します。
〈提出書類〉
(ア)大町町「地域おこし協力隊」応募用紙
(イ)志望動機(400字程度)・自己PR(字数無制限)を任意の様式に記入
(ウ)オンライン面談希望時間票
(エ)住民票抄本(PDF可)
〈提出先〉〒849-2101佐賀県杵島郡大町町大字大町5017番地
大町町役場 子育て・健康課 子育て支援係
kaikeinenndo@town.omachi.saga.jp
(2)第2次選考【オンライン面談】
   第1次選考合格者については、オンライン面談による第2次選考を行います。
オンライン面談希望時間票の提出をお願いします。
オンライン面談予定日
12月16日(金)(13:00~19:30)
12月17日(土)(9:00~16:00)
    第2次選考の結果は12月23日以降に文書で通知します。
(2)第3選考【面接】
第2次選考合格者については、面接による第3次選考を実施します。
面接予定日
1月23日(日)24日(月)の両日
    面接場所
     大町町役場庁舎
※応募に係る経費(書類申請費用及びオンライン面談の通信費用及び面接時の交通費など)はすべて応募者の負担となります。ただし、第3次選考に掛かる宿泊費等については予算の範囲内で一部助成します。
※選考の経過及び結果についての問い合わせには応じられませんのであらかじめご了承ください。
 
■問い合わせ先
〒849-2101
佐賀県杵島郡大町町大字大町5017番地
大町町役場
子育て・健康課 子育て支援係(担当:橋冨)
TEL0952-82-3186 FAX0952-82-3060
   kaikeinendo@town.omachi.saga.jp

■その他
本町までの交通費及び引っ越し費用、住居の建物火災保険料、生活備品、光熱水費、その他の経費はご負担いただきます。

■応募用紙は下記よりダウンロードをお願いします
・大町町役場公式サイト

大町名物のたろめん!しょうがが効いていておいしいです。

大町町役場 健康・子育て支援課 橋冨が紹介する大町町ってこんなところ!

佐賀県の真ん中に位置する大町町。 どこにでも行きやすく便利なのが特徴です。田舎といえば田舎。でも「ド」は付きません。最近は大型スーパーも開業し、ますます暮らしやすくなりました。
 
大町町ならではの子育て環境と言えるのが、九州初の小中一貫校「聖学園」です。ここでは、ほとんどの子どもが保育園から一緒に過ごしています。保護者同士がずっと知っているから話しやすく、縦割りで交流をするので、学年の壁もありません。もちろん、合わない人もいると思います。実際、中学から県立中学を目指す子どももいますし、そこは選択肢があっていいんじゃないかなと思っています。
 
大町の子どもたちは、明らかな非行に走っている子を見たことがないくらい、平和です。よその地域が荒れている時代も「大町は平和だね」って言われました。学校へ行かない子のおうちに友達みんなで迎えに行った、などと温かいエピソードも聞こえてくるくらいです。令和元年と令和3年の豪雨災害の時でも、子どもたちは元気でした。「救護ボートに乗れて楽しかった!」と無邪気なコメントが届いています。

オンライン説明会動画はこちら

関連リンク

移住スカウトサービス SMOUT掲載記事

募集詳細(自治体のWebサイトに移動します。)

マップ

記事一覧へ
お問い合わせはこちらから